AWS内のVPC構想についての解釈

バナー

AWS内のVPC構想についての解釈

AWS(アマゾンウェブサービス)とは、Amazon社が提案するクラウドコンピューティングのサービスになります。
クラウドコンピューティングは、ネットワークにおけるコンピューター資源の利用形態のことで、ネット上のサービスの在り方について解釈されたものとなります。



要約すれば、インターネットの運営・管理を業者に任せる対価として、賃金を払う契約体制のことになります。
現在ではこの定義からさらに発展したものとされ、ハードウェアやアプリケーションの実行などが利用者に適したかたちで提供されています。

グノシーについて説明致します。

VPCには、仮想ネットワークによる構想のことをあらわしており、AWS内のセクションを確保しつつ自身のネットワークサービスをカスタマイズすることができます。VPCを使用することで、ネットワーク内のシステムを自前で構築することができ、既存の段階を無視したかたちでシステムの作成・配置が可能となります。

また、データセンターとのリンクによって、新たにハードウェア間の接続を形成させることができます。


この機能は、AWSの延長線上にあてはめることができ、データセンターの枠より拡張されたものとして捉えることになります。
仮想化ネットワークには、「規格にはないシステムを作成しつつ、技術的な部分を隠蔽すること」が定義づけされています。VPCは、こうした定義から利用者ごとにサービスを構築しつつ、情報資源の有効活用をはかる場として活躍されようとしています。