AWSのVPC機能について

バナー

AWSのVPC機能について

AWSはEC2が有名ですが、EC2は一般公開するアプリケーションには最適ですが、社内システムなどにはセキュリティ上不安を持つ方も多かったようです。
その場合にはVPN接続で社内と繋ぐことで対応していたようですが、AWSではVPCシステムを提供したことで社内用のアプリケションでも利用しやすくなりました。



AmazonVPCはAmazonVirtualPrivateCloudと呼ばれるシステムで、AWSのサービスを利用者専用区画として分離することができる仕組みです。VPCではIPアドレス、ルートテーブル、ネットワークゲートウエイなどが一般から分離されます。

社内に置くサーバのようにAWSを利用することができます。

社内とはVPNで繋ぎますが、EC2もVPC内に収めることができますのでセキュリティはより強固になります。
もちろん、利用に応じた課金となりますので、夜間はEC2の台数を減らしたり、システムを停止して課金を止めるなどでコストを節約することもできます。

社内にサーバを設定するのに対して運用コストが劇的に下げられますし、いわば、拡大縮小自由なデータセンターを持つイメージです。



他の業者でもプライベートクラウドは提供していますが、AWSを選ぶ利点としては、稼働や再稼働の時間がとても短いこと、プライベート区画の他にオープン区画も用意できる柔軟性、使われている暗号化が一般的な方法なので社内に設置するVPNルーターとの接続性が高いなどが挙げられます。

OKWaveのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。