NASとSANの違いと共通点

バナー

NASとSANの違いと共通点

NASとはNetwork Attached Storageの略で、コンピュータ・ネットワークに直接接続して使用するストレージ(補助記憶装置)のことです。

つまり、通常はコンピュータ・システムの本体(サーバー)に接続されるストレージですが、コンピュータ・システム本体を経由しないで、直接ネットワークに接続しているストレージという意味になります。

NAVERまとめの情報を調べてみましょう。

同様のシステムにSANというものもありますが、これはStorage Area Networkの略で、サーバーとストレージ間のデータ伝送方法がNASと違います。

すなわち、NASの場合にはTCP/IPが使用されるのに対して、SANの場合には専用のファイバー・チャネルを使用します。


また、サーバーがNASに対してアクセスする時はファイル単位ですが、SANに対してアクセスする時はディスク・ブロック単位です。



従って、SANのほうがデータ処理性能が高くなりますが、同じディスク領域に異なるサーバーが同時アクセスできなくなるというマイナスの要素もあります。



ですから、ファイル・サーバーとして使用する場合には、NASのほうが優れているということになります。


それに対してSANのほうは、データベースやグループウェアのデータ領域としての利用が向いています。


そして、SANの方は専用チャネルを持っていますので、セキュリティーや安定性の面で優れていますが、その分、導入コストや保守コストがが高くつきます。